平成31年1月に入りました。
今年度の売電単価の申請受付も1月12日に締め切られ、4月からの新しい年度の単価である24円/kWhでの受付となってます。
2円下がりました。

[ なっとく!再生可能エネルギー 固定買取制度 ]

関西電力の従量電灯Aの契約単価が300kWh以上使っているお家にとっては、28.6円/kWhで買う事になりますから、まだまだ捨てたものではありません。 
今後の電気代の値上か言われる中、自家発電所のある意義は、これから益々重要になってきます。
[ 関西電力 個人のお客様 ] https://kepco.jp/ryokin/menu/dento_a

また、何よりも重要なのが環境問題です。
地球温暖化の原因であると言われるCo2の削減は、待ったなし「 今やれるべき事を、やれる所から。」
太陽光発電設備の設置だけでなく、 節電に対しても関心を持って、実践しましょう。

inquiry_banner